<   2013年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

じぇじぇ! 南の海

「じぇじぇじぇ!」
 この言葉を見てピンとくる方は、私と朝の楽しみが同じ方ですね。
朝のテレビ小説「あまちゃん」。北三陸で「北の海女」を目指す物語。
驚いたときに使うのが「じぇ!」。北の海の厳しさ、美しさも見どころです。



 私はというと、南の海が広がる宿毛市や土佐清水市へ。
黒潮の恵みを受ける豊かな海。漁港での演説も初めての体験。
宿毛市の漁業の実態も伺い、「磯焼けや温暖化などで水産資源が減り、季節の魚が季節に取れない。燃油代が3倍に跳ね上がり、苦しい経営。100円で魚を売っても漁師の手元に入るのは30円程度。」という現実。

 
 同時に、地産地消を進め、宿毛市の小中学校の給食はほぼ宿毛湾でとれた魚を使っています。
「浜の暮らしを維持するため」の地道な努力をTPPなどで壊してはなりません。


 この宿毛湾へ自衛隊潜水艦隊を誘致する動きが強まっています。
「軍港の呉や佐世保の海にはかもめも飛ばず恐ろしいくらい静かだった」との話。
郷土の軍事化を許さない。ここでも命の海を守るたたかいがあります。



 娘が2歳のとき、保育園で木曜市へ買い物に。100円玉を握って娘が買ってきたのはじゃこ
「みんな果物やお花を選ぶのに、迷いなくじゃこを選んだ子は初めて」と先生が笑って教えてくれました。
生まれた時から幡多のおいしいじゃこを食べ、びんびも大好物。多くの人の努力がわが子を育てています。



 黒潮町佐賀で初の青年・子育て世代のつどいを開催。
「政治は嫌いだったけど、3.11以降子どもや家族を守るため、黙っていてはいけないと思うようになった」。「共産党は堅いイメージ。名前を変えたら」と率直な意見を交え、「命が大切にされる普通の暮らしがしたいだけ」という参加者の声。
 「全力で応援しますよ」と固い握手を交わしました。
普通の暮らしさえ脅かされる現実に勇気を出して声をあげる青年の姿が希望です。
[PR]
by hamazouzou | 2013-04-30 13:30 | 半熟日記

私のおいたち~結婚、出産、子育てへ~

 2008年4月、学生時代から民青や党で一緒に活動してきた四万十市出身の夫と結婚しました。
夫は大学卒業後、民報記者として働き、民青では副委員長でした。
今は、高知地区常任、高知市議団事務局長をしています。
ほどよい「適当さ」がいいところ、かな。


 婚姻届を出し、新しい籍を作りましたが、旧姓を使用しています。
早く選択別夫婦別姓が認められるといいのですが。


 すぐに子どもを授かり、2009年1月に出産。育休をとり、子育てしながら活動をしました。
支えてくれた仲間たちに感謝。


 出産は、生れようとする命の強さを体全体で感じるものでした。
初めての子育てで不安が募る中、新婦人の活動に参加して、地域や身近に相談できる人ができ、本当に安心しました。


 2009年5月、娘を高知市立たかしろ乳児保育園に預け、仕事に復帰。
授乳に通い、布おむつを使い、アットホームないい園でした。

 その園を民営化する話が突然高知市から提案されました。
保護者は不安で混乱しながらも、「子どもたちにとってよりよい保育とは」を真ん中に、
一致できるところで運動する。保護者の声を聞き、つながり学び考えあう。
交流では、子育て世代の厳しい現状も出し合い、励ましあいました。

 市との交渉、署名活動、経験ないことも「子どものためなら」と忙しい中頑張る保護者の姿が頼もしく、希望でした。

 民営化を食い止めることはできませんでしたが、たかしろ園での卒園行事で、
3歳の娘が誇らしげに返事をし、喜びに満ちた表情で卒園証書を受け取った顔は、親子の一生の宝物です。
子どもと親を育ててくれた保育園に感謝。

 今は石立保育園に通い、ここでも素敵な出会いがたくさん。
子どもとともに親になるのだと感じる日々です。



 実は、二人目の子どもを望んでいますが、なかなか授かることができません。
妊娠していないと分かると落ち込み、焦る日々も続きました。
その中で、不妊症や不育症で悩む人が多くいることを知りました。
命の誕生は奇跡だということを生まれてきてくれた娘と、まだ見ぬわが子から教えられました。

 結婚も出産も色々な生き方があります。
多様な人生、選択が認められ、誰もが暮らしやすい社会を作りたい。
奇跡の命が大切にされる社会に。
[PR]
by hamazouzou | 2013-04-25 09:01 | おいたち

子育ての輪  ゆるキャラ「はまぞう」誕生

 桜の季節が終わり、早くも新緑の季節。高知の春はせっかちですね。
まぶしい緑から生命力の強さを感じます。


念願だった青年&子育て世代党員のつどい「ママ&パパカフェ」を開きました。
子連れで安心して参加できる活動で、一緒に世の中を良くしていきたい。
保育料や医療費など高知市政の子育て施策や、原発や憲法など国政のこと、
防災対策の話など色々交流しました。
 子どもたちが健やかに育ち、命が大切にされる社会を、との思いを共有しあいました。


 同世代との交流は楽しく、元気をもらえます。子どもたちが走り回る会も面白い。
生後四カ月の赤ちゃんを見て、「この子のために頑張ろう!」の呼びかけに拍手も。


 今、青年・子育て世代に向けてビラも作成しています。
 スウェーデンでは男性の育児休暇取得が9割。5時に帰宅している男性が半分、平日でも二時間半、育児と家事に参加しています。
 日本は6時前に帰宅する男性は1割弱、育児や家事の参加はたった4分。長時間労働で育児に参加できないのが現状です。
 フランスでは教育費無料は当たり前。日本は大学卒業までにかかる教育費は1300万円から4400万円。
 
 子どもは社会の宝。子育て世代の輪をどんどん広げていきたい。 


 もう一つ。青年たちが私の「ゆるキャラ」を考え、グッズを作ってくれました。
 半熟玉子にちなんだひよこのキャラクターは「はまぞう」。私の中学時代からのあだ名です。
 クッキーや石鹸、缶バッチなどを作成中です。
 誰でも気軽に参加できる活動を、と創意工夫が始まっています。


 女性のパワーも負けていません。「春にもえたつ女性のつどい」には180人の女性が集まりました。
未来を生み出す女性の明るさ、元気にいつも勇気づけられます。
仁比そうへいさんの力強い挨拶に、改めて気合いが入ります。

 ぐんぐん芽吹く草花のように力いっぱい頑張ります。


 ■ はじめまして!ゆるキャラ はまぞうちゃんです♪
e0312448_1326239.jpg

[PR]
by hamazouzou | 2013-04-23 13:32 | 半熟日記

PHOTO 日々⑨うったえ、ウッタエ

4月も半分が過ぎました。
街頭での宣伝やつどいの開催など、活動の密度も濃いものになっています。

今回の PHOTO 日々は、うったえ、ウッタエの日々です。

 ■ 高知市内で週二回の宣伝活動。この日は下元市議と春名さんと。
  長浜には30人を超える聴衆の方が集まってくれました。少し緊張。。
e0312448_16474633.jpg



 ■ 城北・小高坂地域での「つどい」。始まりは歌♪ 楽しい会となりました。
e0312448_16482564.jpg



 ■ 地元の神田には30人もの人が聞きに来てくれました。塚地県議と迫前市議と。
e0312448_16523240.jpg



 ■ 「よかったわー」と言ってくれて、こちらが感謝。
e0312448_16533312.jpg



 ■ 握手をすると、気持ちが通じる感じがしますね♪
e0312448_16542921.jpg



 ■ 4月14日、仁比そうへいさんが高知入り。日曜市宣伝です。
e0312448_16562218.jpg



 ■ 力強い仁比さんの演説。 一緒に頑張ります! 
e0312448_16565734.jpg

[PR]
by hamazouzou | 2013-04-21 09:01 | 写真日記

私のおいたち ~県議団事務局長として~

 2010年5月から県議団「日本共産党と緑心会」の事務局長となりました。
議員の仕事や県庁職員の仕事を間近で学べるやりがいある仕事でした。


 2011年の統一地方選挙を受けて、再び5人になった日本共産党県議会議員団は第2会派となりました。
県議会で女性県議がいる会派は日本共産党だけで、他会派の議員からも、「ここは明るくて楽しそうでいいねぇ」と声をかけられるほど。
とにかく明るく誠実で面白く、チームワーク抜群です。議員がかっこいいのです。


 「何でも反対の共産党」と言われることがありますが、議会にきてその言葉は当てはまらない、ということを痛感しました。是々非々でいつも県民の立場で議論をし、結論を出し、常に検証する。

 アンテナショップ、図書館合築問題、談合問題、子ども条例…。
論戦の中で問題を明らかにして、追及する緊迫した場面もありました。
一つの質問、一言の答弁によって事態が変わる。議会は生きていると実感しました。


 対決だけでなく、一致点をさぐり、たたかいをつなぎ、議会をリードする役割も。
TPP問題では意見書を上げ続け、オスプレイ反対、仁淀川産廃処理施設建設反対でも
他会派をリードし、「自分たちは出せないが共産党が意見書を出してくれるなら賛成する」という場面もありました。


 開会を知らせるブザーがなり、控室から議場へ向かう議員を送り出す時に見る背中が、かっこいい。映画の一場面のようです。


 毎回の団会議は、丹念に県民の要求、実態を報告し合い、それが質問の土台となります。
実態を突き付けることが議会、県を動かす力になるのです。
草の根で県民と結びついた支部、地方議員、民主団体の活動の大切さを肌で感じました。


 常に県民とともにある県議団、議員の力になれる事務局長に成長したいと思っていた昨年12月、まさかの参議院選挙への立候補要請。

 本当に悩みましたが、この二年半、たたかう姿を教え続けてくれた県議団のように
私も県民の願いと国政をつなぐ一翼を担おうと決意をしました。

 
[PR]
by hamazouzou | 2013-04-18 09:05 | おいたち

出会いの季節 「アメニモマケズ」

 4月3日、母校である高知大学の入学式。
 民青同盟のみなさんと一緒に新歓宣伝をしました。
真新しいスーツに身を包み、期待と不安で緊張した面持ちの新入生たち。
「どこの出身?」「名前なんて呼んだらいい?」など初々しい会話に、こちらがくすぐったくなります。
別れから出会いの季節へ。新しい始まりを応援します。


 世界一高いと言われる日本の学費。授業料免除や奨学金を利用しながら通う学生も多い。
国会では宮本岳議員が奨学金問題を質問。
サラ金化した取り立て、有利子奨学生が7割にもなっています。


 出会った学生たちの顔が浮かびます。
「親の年金で学費を払っている。節約でラーメン1袋を二食に分けて食べている。」、
「不景気で世帯収入が100万。兄弟もいて奨学金を借りているけど、返せるか不安」、
「就職したけど手取り10数万。2万円の奨学金を返済したら国民年金が払えない」。

 誰もが安心して学べる環境を。給付型奨学金の創設、教育費の無償化を1日も早く実現しなければ。



 久しぶりの幡多は春の嵐。まるで台風、「アメニモマケズ」と笑いながら黒潮町大方を回りました。
嵐が去ったあとは、初夏のよう。緑がまぶしい。一緒に回った地域の方が、
雨上がりにイタドリや山菜を見つけ、草木をかきわけ採りに行く後ろ姿に生きる力を見ました。
フェイスブックに載せると、京都の友人からは「イタドリって何?」とコメントが。
写真をとって送ってあげなければ。


 
 中村で久しぶりに娘を腕に抱いて寝かしつけました。
暗闇の中、ふわぁ、と一つ大あくび。背中をトントンとしてやると、もう一つ、あくび。
目を閉じると、娘の息遣いと蛙の大合唱だけが聞こえます。
寝るときのくせで、私の耳たぶやほっぺたを小さい手で触る娘。
寝付く前の熱っぽい体をムギューっとすると、何とも言えない幸福感に包まれます。
安心感や幸福感は一番の眠り薬。

 春眠暁を覚えず。心地よい春がもうしばらく続きますように。 


 ■ おばあちゃんちでお留守番していた娘が作ってくれたおにぎり。なかなかの出来!
e0312448_1742168.jpg

[PR]
by hamazouzou | 2013-04-16 09:07 | 半熟日記

PHOTO 日々⑧~香美市~

 桜の花から新緑の季節へ。
 高知の春はせっかちです(笑)

 今回のPHOTO 日々は、香美市編をお届けします。
 笹岡優さんと大岸市議と一緒に回りました。 とってもいいお天気!


 ■ ホタルの里公園へ。 地元の人に愛されるきれいな小川。
e0312448_1553592.jpg



 ■ 一緒に回ってくれた笹岡優さんと。 大岸市議も一緒です♪
e0312448_1554256.jpg


 ■ 5月下旬にはホタル祭りが開かれます。 ホタルが住み続けられる里山を、との熱い思いを感じます。
e0312448_15543282.jpg


 ■ マレットゴルフ場へ。ご存知ですか? 地元の方がplayされておりました。
e0312448_15544121.jpg


 ■ ゴルフのように、カップにボールをINすれば終わり。 地域の方の交流の場にも。
e0312448_16391425.jpg



 ■ バイカイカリソウ。絶滅の恐れのあるかわいらしい花。
e0312448_1640787.jpg


 ■ 群生地は香美市のこの一帯だけ、という貴重な花。かわいい花を咲かせていました。
e0312448_15561688.jpg


 ■ この花を守ろう、と以前、県議会で中根県議も質問。ちょうど議員団に私もおりました。
   整備され、今までになく、花が咲くようになった、との話。
e0312448_16393822.jpg

[PR]
by hamazouzou | 2013-04-13 09:04 | 写真日記

私のおいたち~民青専従 青春そのもの~

高知民報で連載していた「私のおいたち」。

~民青専従 青春そのもの~ の回です。

ちなみに、高知民報は 月400円で週一回発行。
高知県政を始め、高知県内の情勢や運動などを取り上げ、とても読み応えのある新聞です。

高知県の方以外でも購読できます。私の「半熟玉子」も掲載してくれています。
読んでいない方はぜひお読み下さい。

  
 ======================================

2002年から2010年まで9年間、日本民主青年同盟で専従として勤めました。

大学4年の時に9.11テロ、アフガニスタン攻撃、そしてイラク戦争へと、
私の専従生活は戦争と平和のたたかいから始まりました。
 
 原水爆禁止世界大会に向けての青年実行委員会、ピースフェスタ・パレード、
プルタブのゲルニカ、高校生写真展。多彩な取り組みが次々と生まれました。

「戦争を止められなかった」という無力感が広がる中、学習と議論を重ね、
世界の平和のうねりと一体となって青年・学生たちが行動を起こし続けました。
「微力だけれど無力じゃない」「関心はなくても関係している。青年を信頼して働き掛け続けよう」。
私自身、この運動の中で鍛えられました。


 2004年に民青県委員長になり、力を入れたのが高校生対策。
「テストで下位の自分は大嫌い」、「空気を読んで笑っている」、「生きるのが苦しい」。
競争と管理の教育の中で、傷つき、苦しむ高校生たち。
「うざいくらい関わろう。あなたを見ていることを伝えよう」。

 思い出深いのは、準備に3カ月かけ、当日6時間の鍋会。
段取りの悪さに口出ししそうになるのをぐっと堪え、見守りました。
「こんなに楽しいことはなかった」と満面の笑みの高校生。
自分たちでやり遂げる、という達成感は彼らも私も成長させました。


 楽しいことも多かった専従生活ですが、苦しいことも多くありました。
何度やめたい、と思ったことか。

不安定雇用と「自己責任論」で心を病む青年も増え続け、弱みをみせてはいけない、
仲間を信頼できない、と思わせ、集団作りを困難にさせています。


 県委員会でも集団が作れず、悩み続けましたが、たくさんの失敗を経て、
「スーパーマンはいらない。一人ひとりが主人公」の活動を目指すようになります。

 その中で、県下の青年の実態を聞き取り作った「青年生活実態ファイル」を、
2007年6月に発表し、新聞各紙に大きく取り上げられました。

 みんなで作り上げる活動は、県委員会初の県委員長(私)の産休・育休も支えてくれました。
 民青同盟は青春そのものでした。
[PR]
by hamazouzou | 2013-04-11 09:00 | おいたち

高知歴15年

 この春で高知に来て丸15年。人生の半分近くを過ごしたことになります。
初めて高知駅に降り立ったとき、ヤシの木が並ぶ光景に驚きました。


 土佐弁にまつわる失敗話は尽きません。
大学で行事の準備をしていたとき、先輩から「どれっぱー。(どればぁ)」
参加人数を聞かれ、あわててドライバーを持っていき、笑われたこともありました。
ちなみに、高知歴4年の娘は「行くがかぇ?」と土佐弁マスターです。
 


 土佐市へ。ししとうやピーマンの農家の方から話を伺い、ハウス園芸や文旦、
しょうがの出荷場などを見学しました。環境保全型農業として天敵農業を実践。
ヒートポンプも導入し、重油の使用も減らしてきたが、重油や資材代が値上がりし、
野菜の単価は下がる。消費税の負担も重く、手元に残るのはほんのわずか。

「先が見えない中、生きつんでしまい、自殺者も出ている。
今でも農家は生き死にをかけて農業をやりゆう。
今の光を消したら農業は終わる。
TPPに参加すれば、もう農業は続けられない。」
と切実な声。


 直接触れた現場は、農業への誇りと、先の見えない不安や怒りが混在していました。
「現場を知ることがあなたの自信になる」と、一緒に農家を回った方がくれた言葉。
なんだか、胸がいっぱいになってしまい、その日はしばらく寝付けませんでした。


 回れば回るほど、厳しい現実、切実な声に出会います。胸が締め付けられそうになることも多い。
一喜一憂していていいのか、と悩むこともあるけれど、それが私の糧になると、覚悟を決めて現実と向き合いたい。
 


 3月最後の日曜日は、楽しみにしていた香北のばあば&ままカフェに家族で参加。
ピザ窯で焼いたピザは格別。山菜の天ぷらも最高。眼下に望む物部川、静かな山間に咲き乱れる花々とたくさんの笑い顔。
「人生の最後のときまで幸せに健康に笑って暮らせる社会をみんなぁで作ろう」と締めくくられたつどいに心から拍手。16年目の春、また行きたい場所が増えました。


 ■ ピザ窯で焼かれた手づくりピザ。娘は、1枚まるまる食べました。
e0312448_13123094.jpg

[PR]
by hamazouzou | 2013-04-09 09:06 | 半熟日記

PHOTO 日々⑦~東部へGO!~

遅くなりましたが、3月31日、高知県の東部地域へ街頭宣伝へ。
南国市~田野町まで。
うつりゆく景色も楽しみながら、駆け抜けました。
今回のPHOTO 日々は、「東部へGO!」

 ■ 出発は南国市から。福田市議と一緒に。
e0312448_12535912.jpg


 ■ 続いて、香南市のいち。山崎市議と。
e0312448_1254956.jpg


 ■ 芸西村。松坂村議と。「浜川さんは1979年うまれ・・・」ととても詳しい紹介をしてくれました。
e0312448_12541967.jpg


 ■ 聞きに来てくれた人たちと握手。こちらがとても励まされます。
e0312448_12543061.jpg


 ■ 安芸市にて。川島市議と。安芸市議と小松市議も応援に来てくれました。
e0312448_12544385.jpg


 ■ 最後は田野町。坂本町議と演説。上岡町議もかけつけてくれました。
e0312448_12545742.jpg


 ■ 聴衆の方々と握手。手を握ると、気持ちが伝わる感じがします。
e0312448_1255899.jpg



さて、全県をかけめぐる日程も決まりつつあります。
みなさんとの出会いを楽しみに頑張ります。
高知の美しい景色やおいしい料理も紹介できればいいなぁ。
[PR]
by hamazouzou | 2013-04-06 09:07 | 写真日記


hamazou.exblog.jp


by hamazouzou

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
半熟日記
写真日記
おいたち
スケジュール
応援メッセージ!
はまぞうちゃん
御意見箱
子育て色々
未分類

最新の記事

大寒(民報 2月1日付)
at 2015-02-09 17:10
あれから6年
at 2015-02-05 17:10
95年1月17日
at 2015-01-27 13:47
寒九の雨
at 2015-01-19 15:49
年女
at 2015-01-11 12:38

ブログパーツ

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月

最新のコメント

はじめまして、今晩は、私..
by 龍馬ぜよ! at 23:04
はじめまして、今晩は、春..
by @1945ryoumazeyo at 20:46
娘さん5歳のお誕生日おめ..
by mama at 09:24
今日のあまちゃんでアキが..
by 四谷 葉子 at 14:14
バッジ@ネオ・トロツキス..
by hamazouzou at 11:33
ひげ親父さん☆辰巳コータ..
by hamazouzou at 11:31
バッジ@ネオ・トロツキス..
by hamazouzou at 11:25
toraさん☆ありがとう..
by hamazouzou at 11:24
コウロウさん☆もっともっ..
by hamazouzou at 11:22
夫氏のメタボ対策なんだけ..
by バッジ@ネオ・トロツキスト at 10:04

お気に入りブログ

谷崎治之の高知二区駆歩記

ライフログ

検索

人気ジャンル

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧